filmography

2010

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

2011

 
 

2012

 

2016

 
 
 
 

2014

2020

 
 

高崎物語 -願- (2020/23min31sec/color)

 
 
 

2019

 

LIGHTS AND NIGHTS (2020/2min20sec/color)

An Old Car 高崎の車 (2020/5min45sec/B&W)

ぼくの最初の運転手は、たまちゃんのお母さんだった。たまちゃんがぐんぐん成長すると、ぼくの次の運転手はたまちゃんになった。ぼくはいつも誰かとどこかに出かけた。


高崎で暮らす一台の車を主人公にした、絵本のような作品。


words & photos◎日向朝子

music◎野崎美波

高崎の、とある小さな珈琲店。店主の小町は、東京を離れ、この町でお店を始めた。そんな小町のお店に、ある日東京から初めてのお客さんがやってくることに。小町は心待ちにしているが、その”お客さん”はなかなかやってこない。いったいどこを寄り道しているの…?その頃”お客さん”の方は高崎にある小さな駅に降り立っていた。そしてまず向かったのは…? これは高崎で生まれた、小さな願いの物語。


出演◎北浦 愛 深水元基

   新名基浩 足立智充 坂川使音

   河井青葉


監督・脚本◎日向朝子

プロデューサー◎志尾睦子 ラインプロデューサー◎久保智彦

撮影◎彦坂みさき 照明◎金子秀樹 録音◎渡辺丈彦

ヘアメイク◎浅井美智恵 スタイリスト◎齋藤ますみ

編集・グレーディング◎稲川実希 音楽◎野崎美波

製作◎高崎映画祭

尾形亀之助の詩「夜」をモチーフに、ミステリアスな夜の空気を描いた短いフィルム。


監督・編集◎日向朝子

撮影◎伊藤麻樹

音楽◎野崎美波

短編シリーズ “BOLERO”

August (2019/9min26sec/color)

人生は、思いもよらないことが起きるもの。チャンスを逃してばかりのラジオニュースキャスターの前に、昔付き合いそびれて逃した女性が現れた。これはひょっとして…運命?


出演◎中村無何有 竹厚 綾 髙橋さくら


監督・脚本◎日向朝子 プロデューサー◎平林 勉

撮影◎彦坂みさき 照明◎志村昭裕

録音◎小宮 元 山口満大 ヘアメイク◎鰕澤真由美

助監督◎北川帯寛 制作◎長汐祐人

編集◎稲川実希 音楽◎剣持学人

協力◎日本大学芸術学部映画学科 ブレス・チャベス

   eva management 小松梨乃 GRANDFUNK

   Cinema Sound Works

短編シリーズ “BOLERO”

November (2019/6min/color)

ねえ今日はぼくの誕生日?明日はぼくの誕生日?一昨日に誕生日を迎えた小さな男の子は、次の誕生日が待ち遠しい。誰にでも、どこにでもやってくる特別な日。それはここにも…?


出演◎岡野真也 竹厚 綾 遠藤奏斗

声の出演◎中村無何有


監督・脚本◎日向朝子 プロデューサー◎平林 勉

撮影◎彦坂みさき 録音◎渡辺丈彦

ヘアメイク◎鰕澤真由美 助監督◎北川帯寛

編集◎稲川実希 整音◎小宮 元

整音助手◎加藤詩織 音楽◎剣持学人

協力◎seesaw Sony Music Artists eva management

   キャロット ブレス・チャベス GRANDFUNK

   Cinema Sound Works

HARMONY (2019/25min/color)

冬のある日、探検気分で遊んでいた少年3人組は、忍び込んだ廃校で1台のピアノを見つけた。こんなところに…ピアノ?少年たちは、怒られるのを承知で学校の先生に相談する。…ピアノを、助けてほしい。少年たちのリクエストはやがて先生から市役所の職員、ピアノ調律師、タクシー運転手へと広がっていき…?


廃校の教室にひとりぼっちで残されていたピアノと町の人たちの、8年の物語。


出演◎古川ヒロシ 髙橋さくら

   戸井田翔護 竹内柊人 鈴木勇磨

   上野哲也 大河日氣 宇野 拓

   阿部竜次ケビン 瑚海みどり

   白石優愛 岡田義徳(友情出演)


監督・脚本◎日向朝子

プロデューサー◎川岡大次郎 製作◎栃木県那須塩原市

企画・制作◎CREACT・㈱コンセント

撮影◎上川雄介 録音◎高島良太 制作◎森田博之

美術◎田中佑佳 メイク◎山本可奈恵 スチール◎Sallu

助監督◎渡辺喜子 編集◎稲川実希 音楽◎野崎美波

制作主任◎粟野誠一 制作担当◎髙久健

短編シリーズ “BOLERO”

MARCH (2016/7min2sec/color)

3月11日の今日は5年前と同じく金曜日。古着屋では店員と馴染みの客である女子大生が震災のことを話題にしている。すると店員はある時計台のことを話し始めて…?


出演◎趣里 遊屋慎太郎

声の出演◎守屋文雄


監督・脚本◎日向朝子 プロデューサー◎平林 勉

撮影◎伊藤麻樹 照明◎尾下栄治 録音◎小宮 元

スタイリスト◎齋藤ますみ スタイリスト助手◎樋口芽生

ヘアメイク◎鰕澤真由美 助監督◎北川帯寛

編集◎稲川実希 音楽◎野崎美波

協力◎cana tokyo ADKアーツ トップコート

   BE NATURAL Cinema Sound Works

短編シリーズ “BOLERO”

February (2016/6min20sec/color)

ランチタイムが終わり、お客がいなくなったとあるCAFÉ。女店主は便せんをテーブルに広げて手紙を書き始める。しかしどうも一度も会ったことのない相手に書くらしいが…?


出演◎小梅 鈴木将一朗 上村 聡


監督・脚本◎日向朝子 プロデューサー◎平林 勉

撮影◎伊藤麻樹 照明◎尾下栄治 録音◎西條博介

ヘアメイク◎鰕澤真由美 美術◎井上心平 松原夏子

助監督◎北川帯寛 制作◎藤田功一

編集◎稲川実希 音楽◎野崎美波

協力◎café PICON BER ADKアーツ ニコフイルム

   ワン・ツゥ・スリー Cinema Sound Works

短編シリーズ “BOLERO”

JANUARY (2016/6min28sec/color)

いつもランチを一緒に食べているふたりのサラリーマン。彼らは毎年仕事始めの日にはふらりと新しいお店を開拓して入ってみる。今年もそんなふうにして街を歩いていたら一人の女の子に会って…?


出演◎鈴木将一朗 上村 聡 瀬戸かほ 小梅

声の出演◎小松梨乃


監督・脚本◎日向朝子 プロデューサー◎平林 勉

撮影◎伊藤麻樹 照明◎尾下栄治 録音◎西條博介

ヘアメイク◎鰕澤真由美 美術◎井上心平 松原夏子

助監督◎北川帯寛 制作◎藤田功一

編集◎稲川実希 音楽◎野崎美波

協力◎café PICON BER ADKアーツ ワン・ツゥ・スリー

   テンカラット ニコフイルム Cinema Sound Works

好きっていいなよ。 (2014/103min/color)

友人や恋人を作らず、誰とも関わらないように生きてきた16歳の橘めい。ある日彼女は、女子生徒からの人気を一身に集めている黒沢大和にケガを負わせてしまう。しかし大和はなぜかそんな彼女を気に入って、勝手に友人だと周囲に宣言。さらに、ひょんなことからキスまでしてしまう。大和に翻弄されながらも、優しくて一途な思いを秘めた彼に心惹かれ、初めて恋というものを知るめい。初めての気持ちに戸惑いながら心を開いていく彼女だったが……。


出演◎川口春奈 福士蒼汰 市川知宏 足立梨花

   永瀬匡 西崎莉麻 山本涼介 八木アリサ

   寺門ジモン 永池南津子 渡辺満里奈 菊池亜希子


監督・脚本◎日向朝子

原作◎葉月かなえ「好きっていいなよ。」(講談社)

製作◎「好きっていいなよ。」製作委員会

企画・配給◎松竹

製作総指揮◎大角正 企画・プロデュース◎吉田繁暁

プロデューサー◎田渕みのり 福島大輔

アソシエイトプロデューサー◎石田聡子 池田史嗣

撮影◎月永雄太 照明◎木村匡博 美術◎西村貴志

音楽◎高見優 録音◎栗原和弘 編集◎橘樹陽児

装飾◎佐藤孝之 スタイリスト◎飯嶋久美子

記録◎森由布子 助監督◎海野敦 ヘアメイク◎西村佳苗子

衣装◎奥田修子 特殊メイク◎江川悦子

CGディレクター◎西尾健太郎 音楽プロデューサー◎高石真美

宣伝プロデューサー◎清宮礼子 製作担当◎松田憲一良

プロダクションマネージャー◎小松次郎

ラインプロデューサー◎山田彰久

制作プロダクション◎松竹撮影所 制作協力◎松竹映像センター

ご機嫌ななめ (2012/8min25sec/color)

夕食の支度をしているママは、さっきからご機嫌ななめな様子のなっちゃんが気がかり。朝も学校から帰ってきた時も元気だったのに、今はだんまり。なっちゃん、どうしたのかしら?

6歳の女の子のちいさな秘密を描いた物語。


出演◎小梅 山下采美 須田邦裕


監督・脚本◎日向朝子

プロデューサー◎平林勉 撮影◎大沢佳子

整音◎小宮元 録音◎高島良太 美術◎松原夏子

スタイリスト◎齋藤ますみ ヘアメイク◎海上梢

助監督◎北川帯寛 編集◎稲川実希 音楽◎野崎美波

製作◎株式会社 伊千呂

フォーゴットン・ドリームス (2011/74min/color)

不動産屋に勤める衿と、ホテルで夜勤の仕事に就く裕介は、すれ違いの生活を続けていた。朝、仕事に行く衿。夕方、仕事に出かける裕介。二人が一緒にいる時間はわずかで、その間に二人は愛を育んでいたはずだった。しかし、裕介が失業した時から、お互いの心と体は少しずつすれ違い始める……。すれ違う日常を送る若い夫婦の心と体のすれ違いと、新たな日常への一歩を描いた作品。


出演◎中村麻美 川岡大次郎

   加藤貴宏 岸井ゆきの

   篠崎美羽 古舘寛治


脚本・監督◎日向朝子

プロデューサー◎藤本款 山口幸彦

企画・プロデュース◎越川道夫

音楽◎野崎美波 撮影◎芦澤明子 照明◎山本浩資

美術◎伊藤ゲン 装飾◎平井淳郎 録音◎伊藤裕規

衣装◎宮本まさ江 メイク◎橋本申二

編集◎菊井貴繁 助監督◎海野敦 制作担当◎水川敦元

アシスタントプロデューサー◎神林理央子

制作・配給◎スローラーナー

製作◎クロックワークス キングレコード

一枚の履歴書 (2011/5min28sec/color)

初めての履歴書を書いたのは、高校2年の時だった。バイトに応募しようと言ったのは、ユミちゃんだった。ユミちゃんと履歴書、ユミちゃんと私。今も忘れない夏のある一日の記憶。


出演◎田﨑アヤカ 岡野真也


脚本・監督◎日向朝子

プロデューサー◎平林勉

撮影◎齋藤徳暁 録音◎小宮元

衣装◎齋藤ますみ 編集◎稲川実希

音楽◎野崎美波 撮影協力◎Cupola

協力◎ソニー・ミュージックアーティスツ

   Cinema Sound Works

   SUZAK MUSIK

   安田貴裕 内田わか 森元智典



★ 3分11秒バージョン(2011/color)

311仙台短篇映画祭映画制作プロジェクト「明日」参加作品


2011年、震災後。映画祭をやりたい、映画を作りたい、という仙台短篇映画祭の呼びかけに41名の監督が集まり、”明日”をテーマにそれぞれ3分11秒の短篇を制作。プロジェクト作品「明日」は、集まった42編の短篇をつないだオムニバス映画。2011年9月17日〜19日に開催された仙台短篇映画祭2011で上映されたほか、その後各地の映画祭で上映された。

森崎書店の日々 (2010/109min/35mm/color)

貴子は失意のできごとを契機に会社を辞め、部屋に閉じこもっていた。しばらく会っていなかった叔父に、半ば強引に押し切られ、叔父が経営する古書店“森崎書店”の二階に引っ越すことに。森崎書店は東京・神保町、どこか懐かしさが漂う古書店街の一角にあった。貴子はぼんやりと、叔父の書店を手伝いながら、この街の人たちと交わっていく。世界中を旅して神保町へ帰ってきた叔父さん、30年続く珈琲店のマスター、本好きな大学院生、よもやま話の大好きな常連さん……。ヒトクセありながらこの街に引きつけられ、優しさを持つ人たちとの出会いと、書店に積まれたたくさんの本たちが、貴子の心を開いていく。傷ついた心が回復するとき、人は以前よりもひと回り、大きくなっているのかもしれない。夏から冬へと移り変わる神保町の街とともに、自分自身と向き合いながら、ちょっとずつ成長していくひとりの女の子の姿をあたたかく描いた物語。


出演◎菊池亜希子 松尾敏伸 奥村知史

   吉沢悠 きたろう 岩松了

   田中麗奈 内藤剛志


脚本・監督◎日向朝子

製作◎小林栄太朗 久松猛朗

企画・プロデュース◎越川道夫

原作◎八木沢里志(第三回「ちよだ文学賞」大賞受賞作)

音楽◎野崎美波 撮影◎猪本雅三 照明◎北村憲祐

美術◎松本知恵 音響◎菊池信之 衣装◎宮本まさ江

メイク◎鈴木彩 助監督◎小林憲史 編集◎菊井貴繁

アシスタントプロデューサー◎舘内享太 監督補◎松尾崇

協力◎千代田区 東京古書組合 神田古書店連盟

制作プロダクション◎スローラーナー

製作◎テンカラット 衛星劇場

配給◎ファントム・フィルム 宣伝◎アステア

Presents〜合い鍵〜 (2006/45min/color)

クリスマスを目前に控え、職場で多忙な毎日を送る由加里。20歳から8年間の付き合いとなる彼氏、博明とは互いに忙しくなかなか会えないでいた。久々のデートで由加里を待っていたのは、彼からの突然の別れの言葉。ショックで翌日会社を休む由加里。美容院で落とした"合い鍵"を手にした時、博明と過ごしたクリスマスの思い出が蘇る……。

一組のカップルが別れを通して自分を見つめ直す物語。



出演◎広末涼子 玉山鉄二 有村実樹 真山明大 安田顕


脚本・監督◎日向朝子

原作◎角田光代「Presents」

プロデュース◎森谷雄 小穴勝幸

撮影◎斎藤徳暁 照明◎佐藤茂 録音◎岡村立洋

美術◎木村明子 編集◎栗谷川純 音楽◎野崎美波

主題歌◎「Winter Wonderland」

企画◎アットムービー

制作プロダクション◎アットムービー・クリエイティヴ

製作◎ジェネオン エンタテインメント

   アットムービー 衛星劇場

WAITER (2005/15min/color)

時は2005年のバレンタインデー。マスターが遅れるため、普段より1時間多く勤務することになったウェイター。初めてのお客、会ったことのない常連客、それぞれの時間を過ごすお客達がやってくる。そしていつの間にか、昔果たさなかった”ある約束”も店を訪れて…?


出演◎松尾敏伸 小山田サユリ

   戸田昌宏 柳沢茂樹
   笠木泉 小松梨乃 田中要次

大停電の夜に~ナイト・オン・クリスマス~ (2005/51min)

1年があとわずかで終わる頃、遠く離れた国から帰国したディレクター。そのディレクターに届いていた、送り主不明のビデオテープ。そこに写っていたのは、東京が大停電になった、あのクリスマスの夜。そこにいた12人の男と女。地上から舞い上がる、雪。いったい誰が、何のために撮ったビデオなのか?12人の取材を始めるディレクター。12人が語る、「あの夜」の話。やがて浮かび上がる、12人をつなぐ人物。

映画『大停電の夜に』を舞台にした、フェイク・ドキュメンタリー。

OVERCOAT & MITTEN (2005/23min/color)

あるクリスマスの夜。あるアパートの一室で出会った、「住人の弟」と「住人の恋人」。彼は…ほんとうに弟? 彼女は…ほんとうに恋人?彼女は「なつこ」と名乗り、弟は「なっちゃん」と呼んだ。住人「兄貴」を待ちながら、二人に舞い降りて来た、不思議な一夜の物語。


短編『プレリュード』の続編的作品。


出演◎田中圭 美波 杉山彦々

ニワトリ (2004/24min/color)

ニワトリはトサカを振ると物事を忘れてしまう。主人公・晴子は、妹からニワトリと言われる程の忘れんぼう。そんな晴子の首がある日回らなくなった。その日から、普段そこら中に産み落とし、忘れてしまっていた小さな卵たちが、一斉に孵化し晴子の前に現れ始める。返し忘れていたレンタルビデオ、お金、かばん、記念日……。自分の信用というものが一切なくなっていることに気付いた晴子は、汚名を返上しようと奮起する。しかし返しきれない程の忘れ物が押し寄せて来て……?


出演◎小林可奈子 江口のりこ 杉山彦々 須田邦裕

   渡邊美香 守屋文雄 上乗直子 冨永昌敬

   大河原明子 鈴木龍一郎 小松梨乃 上村聡

原作◎山本文緒「ニワトリ」(短編集「ブラック・ティー」)

プレリュード (2003/3min/color)

元来グータラな性格の僕が、夏になると毎朝九時には目を覚ますのが日課になるのだから不思議なものだ……。

8月30日、隣のなっちゃんから「となりのお兄ちゃん」である「僕」に一枚の葉書が届く。何かが始まる……?


出演◎杉山彦々

Finder (2002/18min/B&W)

春は、終わりと始まりの混ざった季節。彼女は卒業したものの、就職できずに帰省する。世の中の新しい季節は始まっていくが、彼女の季節は始まらない。実家の写真店で店番をしている彼女の前に、一人の盲目の男が現れる。彼はフィルムを現像に出しに来たのだが、「盲目の人が写真?」不思議に思う彼女。彼は…いったい何を撮っているのだろうか。


出演◎小松梨乃 冨永昌敬

万・華・鏡 (2001/47min/16mm/B&W)

出会いが織り成すオムニバス中編。

「万」、たくさんの人生のエピソードの中の三つのお話。

「華」、三人の女の子たちのお話。

「鏡」、彼女達が鏡を見るがごとく自分を見つめ直すお話。

SEESAW (2000/15min/16mm/B&W)

「一人で住む部屋を……探してます」という言葉で始まる、主人公の部屋探し。しかし、本当に探してるものは何なのか。姉を亡くした妹の、喪失と再生の物語。